交直流急行電車のページ

交直流急行電車について・・・・・・このシリーズは系列がいろいろとあってややこしいので、まずは以下の表にまとめました。

系列 モーター出力 電源方式 製造初年 位置付け 備考
451系 100kw AC50Hz/DC 昭和37年 50Hz版の基本形
471系 100kw AC60Hz/DC 昭和37年 60Hz版の基本形 T車は451系と共用
453系 120kw AC50Hz/DC 昭和38年 451系の出力増強版 T車は451系と共用
473系 120kw AC60Hz/DC 昭和39年 471系の出力増強版 T車は451系と共用
455系 120kw AC50Hz/DC 昭和40年 453系の抑速ブレーキ装備版
475系 120kw AC60Hz/DC 昭和40年 473系の抑速ブレーキ装備版 T車は455系と共用
457系 120kw AC50Hz/AC60Hz/DC 昭和41年 455系、475系を統合した3電源方式版 T車は455系と共用

直流急行型と同じような車体であるが、運用線区の関係から出入口にステップを設けたほか、編成自由度が高いクモハを採用していること、交直流のためパンタ周りが低屋根構造になっていること、当初からTR69/DT32系の台車を採用したことなどが大きな相違点となっている。また当初は60Hz用を区別するために車体裾部にクリーム色の帯が入っていた。昭和42年度増備車からは冷準で登場し、その後457系からは新製時より冷房付で落成した。

ここのページに掲載している画像は、当然のごとく関西の近くで運用されていた系列が中心になります。

走行写真

その1 その2 その3

各形式

クモハ471 → → 。

2 9

モハ471 → → 。

2

モハ470 → → 。

2 9

クハ451 → → 。

14

サハ451 → → 。

サロ451 → → CPなしの0番台とCP付の100番台があった。後に改造で0番台の一部にもCPが取り付けられた。

クモハ475 → → 。

2 5 6 9 10 12 14 20 22 25 27 30 31 34 36 37 38 12
17 18 19 42 43 48 49 50 51 53 45 46 52

モハ475 → → 。

50

モハ474 → → 。

12 2 5 6 9 10 14 20 25 27 30 31 34 36 37 38
17 18 19 42 43 48 49 50 51 53 45 46 52

クモハ473 → → 。

モハ472 → → 。

クモハ457 → → 。

4 6 7 9 10 14 15
16 17 18 19

モハ457 → → 。

17

モハ456 → → 。

4 6 7 9 10 14 15
16 17 18 19

クモハ455 → → 。

4 25

モハ454 → → 。

4

クハ451 → → 。

30

クハ455 → → 多くの改造編入車がある。

0番台 オリジナル
100番台 欠区分
200番台 事故廃車補充でサハシ455を改造
300番台 クハ165、クハ169の改造
400番台 クモハ165、クモハ169の改造
500番台 サハ165の改造
600番台 サロ455、サロ165の改造

6 7 8 10 15 16 21 25 29 30 66 69 70
322 401 403 501 601 603 604 605 607 701 59
13 14 18 19 42 43 56 57 58 59 61 63 64
65 701 702 41 47 60

サハ451 → → 。

30

サハ455 → → 。

4 62 64

サロ455 → → オリジナルの0番台とサロ451から改造編入された200番台がある。

17 42

他の鉄道車両写真に行く

電気機関車(EL) ディーゼル機関車(DL) 電車(EC) 気動車(DC) 客車(PC)  貨車(FC) 私鉄