101系電車のページ

101系電車について・・・・・・101系電車は国鉄初の「新性能電車」として昭和32年度に登場した。登場時の形式は「モハ90形」であったが昭和34年の形式称号規定改正で「101系」に形式変更された。昭和38年に新標準系列の103系が登場したが昭和44年までは増備が続けられ、約1500両が生産された。初めて電動車に「ユニット方式」を採用した系列で駆動方式も「カルダン式」をはじめて採用した。当初はオール電動車での編成を前提としていたがその後付随車が生産されたが後に電動車への改造を考慮し電動車化準備工事が施された状態で落成した。

番台区分・改造車など

800番台 中央線高尾以西への乗り入れを考慮してパンタ部分を低屋根化したもの
900番台 先行試作車を改番したもの
910番台 回生ブレーキ試験車
1000番台 武蔵野線乗入用に難燃化改造
冷房改造 AU75Aと電源のMGを取付
他形式への改造 クハ103-2000番台サハ103-750番台、クモル145クル144、クモユニ147など

走行写真

片町線-1 片町線-2 片町線-3 片町線-4 大阪環状線 桜島線 関西本線 関東地区

各形式

クモハ101 → → 主制御器、主抵抗器、MGなどを装備している。前面に栓受が二つ装備されている。

26 30 59 27 92 99 72
106 112 115 163 142 175 178 181 184
189 200 201 202 204 205 207 209
28 38 54 89 96 155

クモハ100 → → パンタ、CPなどを搭載。当初はPS-13Cであったが後に生産された車両はPS-16を搭載していた。

5 47 84 90 92 99 116 111 37 66
17 190 189 135 157 191 192 193

モハ101 → → 主制御器、主抵抗器、MGなどを装備している。

13 17 80
12 18 92 203 261
196 201
258 260 262 263
52 66 152 155 160

モハ100 → → パンタ、CPなどを搭載。当初はPS-13Cであったが後に生産された車両はPS-16を搭載していた。

12 13 27 38 41 91 100
11 52 85 150 158
190 194 196 222 227 237 244
249 254 261 263 255 256 257 258

クハ101 → → 将来クモハ101に電装出来るよう準備工事済で落成した。台車もDT21Tを装備。奇数向き固定。-58以降は当初よりTcとして製造し台車もTR-64に変更された。

13 68 25

クハ100 → → 将来クモハ100に電装出来るよう準備工事済で落成した。パンタ台とランボードも後位に装備していた。偶数向き固定。-56以降は当初よりT'cとして製造し台車もTR-64に変更された。

19 56 57 63 75 76 79 81 90 92

サハ101 → → 電装出来るよう準備工事済で落成した。MG、CPを装備した200番台がある(後に一部の車両は撤去して0番台の追番に変更された)。-243以降は当初よりT'cとして製造し台車もTR-64に変更された。

56 68 70 76 80 115 116 117 118 147 148 119 120 43 93 234

サハ100 → → 電装出来るよう準備工事済で落成した。MG、CPを装備した200番台がある(後に一部の車両は撤去して0番台の追番に変更された)。電装準備工事廃止後はサハ101に統一されたため、一番早く生産中止となった形式

55 65 73 77 82 100 104 109 108 111 105 43 106 217

他の鉄道車両写真に行く

電気機関車(EL) ディーゼル機関車(DL) 電車(EC) 気動車(DC) 客車(PC)  貨車(FC) 私鉄